読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ReMix 新宿店 blog

新宿 南口 サザンテラス バスタ新宿 近くにある美容室のブログ

シャンプーの選び方

シャンプー

シャンプーは、何を基準に選んでいますか?

CMのイメージ、価格、香り、手触り!

前のブログでお伝えしたようにシャンプーでも髪は、ダメージを受けてしまいます。

最近はノンシリコンシャンプーって いいんですか?

ってよく聞かれます!

シャンプーについて簡単にご説明します。

シャンプーの成分

シャンプーは様々な原料を組み合わせて作られていて、

薬事法により、使っている成分の全表示が義務づけられていますので、シャンプーを買う時にチェックしてみてください。

成分表示について

成分表示は、含まれている量の多い順に表示されています。

シャンプーは基本的に水分が一番多く含まれるので、洗浄成分である界面活性剤は、たいてい水の次に表示されています。

そしてシャンプーの良し悪しは、この界面活性剤が左右するのです。

シャンプーには複数の界面活性剤が使われていますので、より多く含まれるものを見てください!

①オススメしない成分 石油系合成界面活性剤

ラウリル硫酸Na

ラウリル硫酸カリウム

ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸TEA

上記の成分は、それぞれ石油系合成界面活性剤のひとつです。

洗浄力が強く、必要な油分までとってしまい、乾燥や髪のきしみパサつきの原因やカラーの褪色の原因になってしまいます。

CMや広告によくでてたり、市販されているのは、これらの成分が配合されている場合が多いです。

②オススメするアミノ酸シャンプー

成分的はアミノ酸系、ベタイン系など両性界面活性剤をつかったシャンプーがおすすめです。

例えば、ココイル加水分解コラーゲンKなど、○○ベタイン、ココアンホ○○、ココイル○○といったものです。

アミノ酸シャンプーは、主成分がアミノ酸系洗浄剤のシャンプーのことです。

お肌と同じ弱酸性なので、顔が洗えるほど刺激がなく頭皮にも優しく、必要な油分をおとさないので髪や頭皮のうるおいを奪いません。

またカラーの持ち、パーマの持ちが断然違います。

ただ強い洗浄成分が入っていないので、初めて使う場合には泡立ちが悪いと感じるかもしれません。

ノンシリコンシャンプー

シリコンとは、スキンケアやヘアケアに広く使われていて、キューティクルに付着しコーティングする作用があるので、手触り良く艶を出すなどの効果があります。

髪をコートするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。コーティング作用があるシャンプーで頭皮を洗うと............

頭皮にコーティング剤がつき、それが、毎日重なると、髪がペタっとしたり、毛穴につまり、抜け毛

の原因にもなります。

このコーティングが原因でカラーが入りにくい、パーマがかかりににくいなどの影響を受けることがあります。

シリコンに頼ったヘアケアを続けていると、髪の傷みを進行させてしまうことにもなります。

ノンシリコンシャンプーでシリコンが入っていないけれどラウリル系の合成界面活性剤が含まれてると①のよいなトラブルがおきます。大切なのは、成分です。

ノンシリコンだからいいとは、言えないです。

ザックリまとめますと

数年後、何十年後の髪 キレイにいたいと思うなら、ノンシリコンアミノ酸系シャンプー!

今すぐサラつやな髪になりたいならシリコン入りシャンプー

って、感じでしょうか!

数あるシャンプーのなか自分にあったシャンプーを見つけるのは、大変かもっておもうかもしれませんが、当店は、自信をもってオススメできるシャンプーをご用意しておりますので 是非ご相談ください!

新宿 美容室 ReMix リミックス

注目記事